Admin * New entry * Up load * All archives 

将来友人と一緒に作るゲームの 途中経過など載せていきます。

 

Q†C

04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06
このページの記事一覧

    

Posted on --:--:-- «edit»

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --

go page top

Posted on 19:10:40 «edit»

Category:DD過去編小説

ジェクシーン:DECIDED DESTUNY ~The waking of the final stage~ 

いつわりの目覚め

 よく寝た。体がそう告げている。何日間も寝たときは、このくらいスッキリしている。一体どのくらい寝たことだろう。そもそも、いつから寝ているのか。そして今、いつなのか。何も分からない・・・
 少年はゆっくりと目を開けた。光が痛い。自然の、太陽の光だ。どうやら、夜や夕方ではないらしい。ここはどこだ?見覚えがない。木製の壁でできており、タンスが一つにベッドが一つ、部屋の隅には、一本の剣が壁に立てかけられている。窓は右に一個あり、そこから光が注ぎ込まれていた。
 っーーー。少年は背伸びをして起き上った。その時。ぐっ!急に右肩から左わき腹まで、激痛が走った。痛い。何だこの痛みは?とたんに息が苦しくなる。視界が狭まる。一体何なんだ!?少年が痛みのあるところに目を向けると、そこには、黒々とした長い傷跡があった。その瞬間っ・・・
 
「ダメだよせ!よすんだ。」
 剣が振り下ろされる。
 「目を覚ますんだ!」
 受け止めるので精いっぱいだ・・・

 ・・・・・おい。おい!大丈夫か?きみ。頭の中で声が響く。
っー。はぁはぁ。何だったんだ、いまのは。少年が目を覚ますと目の前には、一人の男性が立っていた。歳は三十ぐらいだろうか。
「あ、あなたは・・・誰ですか?」
 男性が答える。
 「君を拾った者だよ。道端にボロボロになって倒れてたんだよ、君は。まぁ、自己紹介から行くと、ラスファ。歳は三十二。この地区の魔物狩りをメノスに任せられている。」
 ラスファと名乗ったその男性は、首にかかるぐらいの茶髪。肌の色は黒。そして、黒のTシャツと迷彩柄の短パン。腕や足には無数の傷跡が残っていた。
俺、道端に倒れていたのか・・・。一体なんでだ?それとメノスって何だ?再びラスファが口を開いた。
 「なぁ、君こそいったい何者なんだ?その体の傷に、そこの剣、それと、胸のいれずみ。特にあの剣なんか、そこらへんで手に入るものじゃないよな。」
 傷に剣にいれずみ・・・確かに疑問に思うだろう。でもそれより分からないことがある。
自分自身の事・・・
 「俺は・・・誰なんだ?」
 男がビックリするような表情になった。
 「おいおい、まさか記憶喪失ってやつか?」
 「おそらく・・・。何一つ覚えてないんです。俺の名前。傷に剣にいれずみ。ホントに何も・・・」
 こんなにも不安になるものなのか、記憶喪失というものは。自分が分からない、恐怖に似た感情だ。記憶を失う前はどんな人間だったのか・・・
 暗い表情をする少年を見て、ラスファは少し考えてから言った。
 「そんな暗い顔すんなって。ひとまず、胸の傷は完治して無さそうだな。」
 それから、少し考え込んで、
 「よし。じゃあ、しばらくはここにいてもいいぜ。今追い払うわけにもいかねぇしな。そのあとのことはゆっくり考えりゃいいだろ」
 「ほんとうにいいんですか。」
 そう聞くとラスファは、当然のように頷いた。
 「あ、ありがとうございます。これからよろしくお願いします。」
 ほんとうにいい人に会えた。見ず知らずの人をここまで暖かくしてくれる人はいるだろうか。
 「よしっ。そうと決まったら昼御飯だな。3日間寝て、腹も減ってるだろ少し待っていろ」
 そう言い部屋を出て行こうとしたとき、ラスファが思い出したように言った。
 「そういえば、そこの剣に名前が書いてあったな。オズメントだった。記憶が戻るまでは、その呼び名でいいか?」
 少年は少し考える。
 確かに、剣は俺の持ち物だったらしいからな。それでもいいだろう。
 「わかった。俺は今日からオズメントだな。」
 「よし。じゃぁ決まりだな。これからよろしくなオズメント。」
 ラスファはそう言い残すと部屋から出て行った。

 3日後の朝。
 ラスファの介護のおかげもあり、傷はしっかり癒えて、起きることさえ苦ではなくなっていた。
 もうそろそろ、傷が癒えたかな?そう言えばラスファは、治るまでここにいてもいいと言っていた。となると、もう出ていかないとダメなのか・・・。さてどうしようか。さすがに隠すのは悪いし、だからと言って、今までの記憶がないから、独りになったら何もできない。これからの事なんてあまり考えていなかった。そもそもにして、記憶が戻ると思っていたが、それ自体も大変そうだ。
 体を起してオズメントは伸びをした。
まぁ、しょうがない。記憶の事はどうしようもないことだ。それよりも今は、自分がこれからどうするかだろう。
オズメントはちらりと部屋の片隅に目をやった。そこにあるのは、剣。俺の身長の4分の3ぐらいの刀と大剣の間ぐらいの太さの剣だった。
俺は、この剣をどれくらい使えたのだろう?ラスファは剣をここら辺では手に入らないと言っていた。それほど珍しい剣を俺は使っていたのだろうか。
ふと、オズメントの頭の中にある考えが浮かんできた。よし。これなら、ラスファも納得してくれるかも。
そこにラスファが入って来た。
ここ三日の生活の中ですかっり敬語で話す必要はなくなっていた。
「おはよう。ラスファ。」
「ああ、おはよう。起きていたのか、オズメント。」
「ああ。なぁ、ラスファ。」
「ん?なんだ、オズメント。」
まずは、傷が完治していることから伝えないと。
「えっと、俺の傷治ったと思う。こうして体動かしても、何とも感じないし。」
「そうか、そいつは良かった。本当に深い傷だったからなぁ。治るかどうか心配だったんだぜ。」
「ありがとう。で・・・さ。確か、初めのころ、傷が完治するまでここに居て良いって、言っていたよな。」
「ああ、確かにいったな。」
「そのことなんだけどさ。俺やっぱ記憶は戻ってないんだ。ここに来る前の事はみじんも思い出せない。だからさ、ひとつ頼みがあるんだ。」
「なんだ。頼みって。」
さっき思いついたこと、それは。
「俺、ここで働きたい。」
その言葉を聞くとラスファは少し驚いたように言った。
「おいおい、何だよそれ。俺の魔物狩りってのは、そう楽な仕事じゃないぜ。」
「それは、わかってる。でも少し考えたんだけど。あの剣って結構珍しいものなんだよな。」
「そうだ。ここらへんで、あそこまでアトリビュートを通す剣は見たことがねえ。」
アトリビュート?まぁ、そんな疑問はまたあとだ。
「だとしたら、昔の俺って、結構強い剣士だったんじゃないかって思うんだ。」
「なるほど。確かにな。だけど、記憶は元に戻っていないんだろ。」
「うん。そうだけど。記憶はなくなっても、か体が剣の使い方を覚えているかもしれない。」
そう。覚えているかも。そしてもし覚えていたら。
「だから、もし覚えていたら。ここでラスファの手伝いをさせてくれ。」
そう言うと、ラスファが
「うーん。そうだなぁ。」
二人の間に沈黙が流れる。一分ほどかんがえて、ラスファが口を開いた。
「よし。いいだろう。どうせ記憶失ってるんだろ。なら、少しは働いてくれた方がいいしな」
そう言って、ラスファは笑うと背を向けた。
「まずは、覚えているかどうかテストだな。少し待ってろ。今、服を取ってきてやる」
「ありがとう、ラスファ。」
十分後。ラスファが戻ってきた。その手には、白いTシャツや黒いハーフパンツを抱えている。
「これがおまえの服だ。倒れてた時はひどく汚れていたからな。洗濯しといたぜ。」
「ありがとう、ラスファ。」
「ああ、気にすんな。じゃあ俺は外で待ってるから。着替えたらすぐ来いよ。」
そう言い残すと、ラスファは出て行った。
オズメントは受け取った服をじっと見る。これが俺の服。あまり見ない、パーツもあるけど、どうやって着るのかは分かっている。オズメントは、白のTシャツと黒のハーフパンツをはく。残ったのは、黄色のジャケット。羽織ってから、前にひもを通す。やっぱり覚えてる。記憶はないけど、着方がなんとなくわかる。もしかしたら、こんな感じで剣も扱えるのかもしれない。そうだったらいい。そうであってほしい。
 そう思い、着替え終わったオズメントは、壁に掛けてある、剣を背負って部屋を出て行った。
スポンサーサイト

 管理人のみ閲覧できます

  by -

 管理人のみ閲覧できます

  by -

 Re: No title

あっそう

  by ヤミウミ

Comment-WRITES

go page top

 この記事に対するコメント 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010/06/30 23:02 |  |  #  edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010/06/30 23:30 |  |  #  edit

Re: No title

あっそう

2010/08/17 17:01 | URL | ヤミウミ #-  edit

go page top

 コメント投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://quattrocreators.blog122.fc2.com/tb.php/25-50df6e38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。